武蔵野中学校の「考える卓球」より  第2回その2

今日も前回に引き続きジュニア卓球マガジンのvol.8号に新しく連載され
た、武蔵野中学校卓球部監督太田康仁先生の考える卓球第二回目をお伝えさ
せていただきます。

【短いサーブの場合】の戦術解説です。

短いサーブの場合は、ストップレシーブで低く、かつ敵陣で2バウンドする位い短く返球しましょう。

短く返せば相手は3球目を強打できず、突っつきで返球してくる可能性が高くなります。

ただし、重要なのは4球目で強打できるかどうかです。

強打するには浮いたボールあるいは長いボールを相手に返球させる必要があります。

そこで、さらにポイントになるのが返球するボールの回転量を多くすると言うことです。

回転量を増やすためには、打球時のラケットの角度が重要になります。

その角度とは、ボールの斜め下を打つ角度となります。

そしてインパクトからフォロースルーにかけてボールの下をなぞるように振り抜きます。

そうすれば、回転量が多いストップレシーブが打てます。

ボールの回転量が多くなれば、相手の返球がつく可能性が高くなります。

その浮いた4球目を強打するのです。

ストップレシーブで回転量の多いボールを短く返す。

これが、短いサーブが来た場合のレシーブ方法で、4球目に強打できる返球になります。

『戦術パターン』解説その1

短いサーブが来たら、stop receiveで短く低く返球します。

この際、返球するボールの回転量が重要になります。

回転量多く与えれば相手は制球が定まりにくいので、フリック等でボールを払えなくなります。

したがって、突っつきで返球してくることになります。

さらに、突っつきでの返球も浮きやすくなります。

その浮いた4球目を強打します。

なお、相手の返球コースはフォア側かバック側になるので、レシーバーは2
球目を打った後、ミドルの位置に立ち両ハンドで対応できるようにしましょう。

また、4球目の強打は相手が立っていないコースをつくのがポイントです。

得点が奪えなくてもその後のラリーを優位にすすめられることになります。

『回転量を多くするおすすめの練習法』

ボールにより多くの回転量与えるために、上回転のボールをストップレシーブする練習がお勧めです。

ストップレシーブは、下回転を掛ける技術です。つまり、この練習は上回転
のボールを下回転で返球するので強い下回転を与えないといけません。

この感覚を養っておけば、下回転のボールに対しては簡単に強い下回転を与えられるのです。

また、この練習の時にも敵陣のネット際に落とす『短く返す』ことを意識してください。

上回転を下回転にすると多少は浮いてしまいますが、しっかりと下回転を与
えていればバウンドが低くなるため強打される可能性は低くなります。

以上が太田先生からのアドバイスです。

いかがでしたでしょうか?

この戦術はストップレシーブからの攻撃パターンとなります。

すなわち4球目攻撃と言う戦術です!

このストップレシーブができると試合に勝確率が高くなると思います。

なぜなら、サーブを持って3球目攻撃ができたとしても必ず得点できるとは限りません。

その時、レシーブ側に回ってもストップレシーブから4球目攻撃ができる引
き出しを持っている選手は、簡単に負けることがなく試合に勝つ確率が高くなると思います。

サーブからの3球目攻撃は大切ですが、レシーブから得点が取れる技術も大切だといます。

あと1歩で試合に勝てないという方は、このストップレシーブを練習して
勝てるようになってください。

最後に、水谷隼選手のストップレシーブは短いのですがネット際にふわっと
浮いたボールを返球することで相手の選手がストップレシーブで返球することが難しいそうです。

ぜひ、YouTubeを見て参考にしてください!

最後までお読みいただきありがとございました。

コメント


認証コード6470

コメントは管理者の承認後に表示されます。