全国ラージボール卓球大会で友人ペアが初優勝をしました。

こんにちは!清水です。

18日、私は愛知県豊田市の
トヨタスカイホールで開催
されている第28回全国ラージ
ボール卓球大会の観戦に行きました。

試合内容は二人の年齢合計が
130歳以上の男女別ダブルスと
混合ダブルスのA、Bクラス別の試合です。

私のメルマガを読んでいただいている
選手の方が出場されるので応援と
お会いしたいと思って行きましたた。

しかし、タイムテーブルがないことと
連絡をいただいたコート番号が
実際のテーブルと違っていたので
全然見つけることができませんでした。

唯一私のSK杯ラージボール大会に
出ていただいた北海道の方を
見つけることができお会いする
ことができました。感謝

なぜ、見つけることができたのかは
私の大会に参加してお顔を
知っていたからですね。

でも、悲しいかな他の人はメールでの
やりとりはしていてもお会いして
居ないのでお顔を知らないため
会場を見てもわからず残念でした。

選手の方申し訳ありませんでした。

試合は年代別で島に分けてあるので
全てを見ることができず、
私の知り合いの多い130歳クラスを
観戦しておりました。

試合結果から言うと、男子ダブルス
130歳Aは知人のペアが優勝しました。

混合ダブルス130Aのイ、ロでは
それぞれのベスト4に3チームずつ
東海ブロックのペアが入賞する
素晴らしい成績を収めました!

特に、初優勝した私の指導者である
先輩ペアは、第一シードのブロックで
3番目にもかかわらず第一シードペアを
破り1位通過でそのまま優勝をする快挙です!

予選終了後、お会いして聞いてビックリしました。

そこで、第一シードを破る秘訣を聞きました。

アドバイスは、相手より1本多く返球する!
でした。 泣

それと、ゆっくりしたボールを
男性がミスや空振りをした!

えっ!?

やはり、第一シードというプレッシャーが
あるみたいなので、思い切りいけば
なんとかなるとアドバイスをいただきました。

私がいつもアドバイスしているように、
優勝ペアには失うものがあっても、
私たちには失うものはないということです。

ラージの勉強をチャンピオンからタダで
教えてもらえることは、2度とないかも
しれませんのでありがたいと思います。

また、どれほどのラージの力があるのかを
知る上でこれほど素晴らしい対戦はないと
思いますので思い切り動き回って戦い抜きます。

始めて出る全国大会、友だちを作れたらいいですね!

明日は私の初出場する120歳Aクラスなので、
ビデオカメラで撮影をしてどうすれば
負けないのかを本日勉強して臨みます。

観戦して、勝ち上がる選手は予選と同じ
いつものプレーをしていました。

そのプレーができないときは負けていました。

ラージも硬式も同じだと思うのですが、
しつこく返したほうが、ミスをしない
返球方法をしたほうが安定して
勝ち上がるみたいです。

準決勝を見ると強打したボールが
オーバーミスをすることが負けに
繋がっていました。

打たないのではなく、確実に得点できる
ボールを見極めて強打することが
大事だというこということを学びました!

深いボールは強打ではなく確実に
返球して次のチャンスにつなげる!

あとは、サーブ、レシーブミスをしない!

今日の内容は、硬式にもラージにも
当てはまりますので私と同じような
メンタルに弱い人には参考になると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント


認証コード8355

コメントは管理者の承認後に表示されます。