ダブルスゲームに勝つコツとは? ニッタク藤本選手からの指導!

卓球出版の清水研志です。

本日は全国ラージボール卓球大会に
出場される選手に、ニッタク藤本選
手の講習会で学んだラージボール卓
球の基本とダブルスゲームの重要な
アドバイスをお話しします。

その1
ダブルスゲームで特に中盤2点リード
の時にパートナーにかける言葉は、
油断しないように!だそうです。

ラージボールで中盤の2点リードは、
まったくリードではないからです!

サービスミス、ネットイン、エッジ
などで簡単に点を失うからです。

私はパートナーには、2点リードした
ら先に1点を取り2点差を守っていき
ましょうと言います。

その2
ダブルスで2点リードされてパートナ
ーにかける言葉は、慎重に行こう!

先ほど言った2点差はリードではない
ので無茶なプレーをせずに粘りのあ
るプレーをすれば逆転勝ちできると
気持ちを一つにする意味だと私は受
け取りました。

ダブルスゲームは、信頼関係がなけ
れば勝てるわけありません!

私は2点リードされているときにパー
トナーには、入れていきましょう!
打たれても私が全て拾いますから、
打たせてください!

粘っていけば必ず挽回できます!と
言います。 嘘でも^o^
拾うことは本当ですよ!

その3
ラージボールの試合では、絶対にあ
わてない!無理に打ちに行かない!

チャンスボールだと思って慌てて無
理に打ちに行くと必ずミスをするも
のです。

足が思ったように動いておらず、手
打ちの状態で強打するからです。

私はこのことを聞いて、打てないと
判断したボールはわざとボールを落
として曲がるボールで返球してみま
したが、効果がありました!

その4
ラージボールの強い選手は両ハンド
ができる人が強い!

ラージボールは、強打しても少し下
がれば日本チャンピオンのボールで
もラケットに当てることができます。

ですから、中高年の方はオールフォ
アよりも両ハンドで何本も返球でき
る選手が強いのだと思います。

その5
ラージボールのペンの突っつきは、
バウンド直後をラケットを立てて抑
え気味に上から打球する!

藤本選手突っつきは、ラケットの角
度固定して右足の踏み込みで打球す
る!

私がラージボールを始めた時、教え
ていただいた方にはラージボールは
突っつきをするなでした。

硬式ポールのように突っつきをする
と、浮いてしまって強打されるばか
りでした。

でも、藤本選手の場合はラケットを
立ててバウンド直後押し込むように
返球するので、ボールが上がらない
そして早いボールが返球されます。

レシーブの長短は踏み込む足の幅で
調整するそうです。

シェークの場合は、どうしたら良い
のか私にはわかりませんので、得意
な方はご指導お願いします。

その6
ラージボールのダブルスゲームは、
相手の逆を突いて、あまりつよく打
たない!

ラージボールは、強く打っても抜け
ませんよね??

上手な選手の試合を見ていても、強
打している選手よりも中陣からゆっ
たりと返球している選手のほうが優
勢な試合が多く見られます。

藤本選手のスタイルは、強打はしま
すが得意な戦術は相手の逆を突いて
ゆるいボールで得点を重ねる試合運
びだそうです。

その7
ラージボールのダブルスゲームは、
サービスのあとは両サイドが打てる
位置に戻る!

これは私が思うには男の人が中心で
あると思います。

男の人はラージ|の場合中陣で戦うこ
とが多い。

フォアで待つよりも真ん中で構えて
両サイドから返球できる戦いができ
るためだと思います。

その8
ラージボールの混合ダブルスは、女
性は絶対に下がらないペアが強いそ
うです。

女性はフットワークも弱い、力も弱
い人が多いです。

その女性が後ろに下がってしまうと
失点されることが多くあります。

ですから、女性のスタイルが攻撃で
きるタイプ、守りのタイプであって
も台から下がらず、全身で返球する
ことを心がけましょう。

その9
ダブルスのレシーブは、相手がどち
らに来るか分からないようにするこ
とが大事!

この回答は私が質問したものです。
私は左利きなのですがフォアのフリ
ックが苦手なので突っつきで返すこ
とが多いです。

そこで、左利きの選手のレシーブは
フォアとバックどちらがよいのです
かと聞きました。

その答えが相手がどちらに来るかわ
からないようにするでした。

この答えを聞いて今まで悩んでいた
レシーブをバック側にすることで、
集中して練習することができるよう
になりました。

左利きの人はぜひ参考にしてくださ
い!

その10
ダブルスのゲームは、フォアバック
ともストレートが有効である!

ゲームの最中にフォアストレート、
バックストレートを打つのは大変難
しいです。

そのために、普段の練習からクロス
で打ち合う練習よりもストレートで
打ち合う練習に重点を変更したほう
が良いと思いました。

その11
最後は、パートナーの得意とするボ
ールが返球されるように自分のプレ
ーを殺してでも返球できる選手がダ
ブルスゲームに向いているそうで
す!

ぜひ、全国ラージボール卓球大会に
参加されるかたは参考にしていただ
ければ幸いです。

プラスチックボールを体験しての感
想と注意点は、次の通りです。

北海道の方からもお聞きしました
が、コートに着いてからバウンドし
ません!

サーブが初めはショートミスするの
で、少し強めに打球する必要があり
ます。

セルロイドのボールだと台から出た
と思ったボールでも、2バウンドしま
す。

短いサーブは、跳ねて来ないのでワ
ンバウンドしたところのボールを返
球するように踏み込むことが大事だ
と思いました。

従って、台上処理のプレーが多くな
るそうです!練習しましょう。

まだ1度しか練習していないのであま
りわかりませんが、プラスチックボ
ールの特徴を知っている方が見えま
したら教えて頂けますと幸いです。

私のメルマガをお読みの選手の中で
岡山県の全国ラージボール大会に出
られる方は是非頑張ってください。

そして、ご報告いただけましたら幸
いです。

最後までお読みいただきありがとう
ございました。

コメント


認証コード9952

コメントは管理者の承認後に表示されます。