2013全国中学校卓球大会in岐阜シングルス準決勝、決勝戦観戦記

卓球出版の清水研志です。

前回はアンケートの依頼ようなメルマガをお願いし
申し訳ありませんでした。

開催からすでに2ヶ月経ってしまいましたが、まだ
記憶に残っているうちにお伝えしておかなければと
思いペンを取りました。

思い立った先日、YouTubeで動画を探しましたが
見当たりませんでした。

もしご存知の方は教えていただけますと嬉しいです。

私は観戦に行ったのは最終日ですのでシングルス
3回戦から決勝までを見ることができました。

初めて見る全中の大会です。

この中には最大の目的であります明徳義塾の佐藤
建剛、利香監督との再会と子供たちの応援です。

やはりこのような大きな大会では、ベスト16に
残りベスト8に入る事は大変なことであると思い
ました。

出場選手を見ると中学1年生の選手が数多く出て
いることに驚きました。

私の子供の時はほとんどが中学3年生が出場して
いたと思います。

明徳義塾女子の子供たち4人は全員ベスト16に入
りましたが、全員調子が悪く敗退しました。もし
全員勝っていると恐ろしくなりました。

私は女性の中高年の方を教えることが多いため女
の子中心に見ておりましたが、ベスト16からの男
女通じて気づいたことをお話しいたします。

まず男子についてですが、1番気になったことが
カットマンの選手が勝ち上がってってっているこ
とです。

2年前の青森県、昨年の長野県のインタハイを観
戦して気づいたことは女子の選手にカットマンが
多く出場していることを知りました。

そのカットマンの選手が安定して勝ち上がってい
ることも知りました。

これから全国で活躍する選手を育てるのなら攻撃
ができるカットマンがよいのではと思います。

ただカットマンの指導者が少ないことも事実です。

そのためすばらしいカットマンを育てる技術指導
力にかけるからです。

ただ初めて中学生の大会を観戦してカットマンを
育てるすばらしい指導者が全国に見えることも知
りました。

そして男女通じてカットマンの選手はBest8に勝
ち上がる確率が高いということも事実です。

このことを踏まえて指導されても良いかと思います。

もう一つは、左利きの選手が多いということです。

男女ともベスト4には2人ずつ左利きの選手がおり
ました。

そして男女の優勝者は、2人とも左利きの選手です。

昔から左利きはスポーツにおいて有利であると言わ
れてきましたが、それは左利きの選手が少なかった
からです。

でも、今これだけ左利きの選手が多くてもやはり有
利であるということは今も変わらないということに
少し驚きました。

男子の準決勝では青森山田が2人、野田学園が1人、
愛工大付属が1人でした。

やはり男子は高校でも強い選手が戦いました。

その前のベスト8においては、なんと青森山田が
5人、野田学園が2人、愛工大付属の1人でした。

やはり男子は高校でも強い学校の選手が勝ち上が
りました。

この4人についての感想は、それぞれの指導者の
特徴を持った選手だと思いました。

それは、青森山田の2人は完成度の高い選手だと
感じました。

野田学園の伊丹選手は、体が大きく中陣からの両
ハンドドライブと言う戦型は元全日本チャンピオ
ンの吉村選手と同じです。

特にラリー中のチャンスボールをバックドライブ
で攻撃した時のボールは相手選手をノータッチで
抜くような素晴らしく魅力的な攻撃だと思いました。

来年の高校での活躍が楽しみです!

最後は愛工大附属の木造選手は2年生で小柄なが
ら左利きを活かしたプレーで見事に優勝しました。

特に準決勝の羽佳選手との試合はフルセットを逆
転勝ちで見事に勝ちました。

体が小さい分前で攻める、試合をあきらめない選
手だと思いました。

今年1年生の木造選手が2連覇できるかが楽しみです。

また愛工大付属中は私の住む隣の県であるので是非
頑張ってもらいたいと思います。

準決勝を戦った4人の選手は、それぞれ特徴を持った
選手であることは間違いがありません。

しかし、何が違うかといえば体格にによるプレース
タイルだと思いました。

あなたも、ご自分の体格に今のプレースタイルが合
っているか確認するとよいと思います。

自分でわからなければ友達や先生に聞くと良いと思
います。

自分だけのプレースタイルやサービス、ドライブな
どを持って試合に望むことが必要だと思いました。

少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント


認証コード3535

コメントは管理者の承認後に表示されます。